ブログタイトルの付け方や考え方3選!コツやポイントを押さえよう!

こんにちは、shunsukeです。

今回は、トレンドブログを始めるときに決めなければならない

「ブログタイトルの付け方」について!

考える時のポイントやコツをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

 

ブログタイトルを考える時の3つのポイント

僕が新しいブログを立ちあげる時に考えるポイントは主に3つです。

これらを意識して、ブログタイトル作成に役立ててください!

それでは参ります。

 

(1)ありきたりなタイトルにしない

これはまず最初に考えるべきポイントですね。

トレンドブログにおけるありきたりなタイトルというと、

 

「トレンド◯◯」、「◯◯速報」、「◯◯の日記」

 

こんな感じのものですね。

インパクトがなく、印象に残らない上に

最悪の場合、手動ペナルティの対象にもなる危険性をはらんでいます。

これについては、マニュアル内でも触れていますのでそちらを御覧ください。

 

(2)コンセプトを反映させる

僕のブログを例に出してみます。

今御覧頂いているブログは「KATASUMI PRODUCTS」というタイトルなんですが、

これは、僕の活動のコンセプトに由来した名前になっています。

 

「KATASUMI(カタスミ)」というのは、

「僕の頭のなかの片隅」とうフレーズからとっており、

「PRODUCTS(プロダクツ)」という言葉と合わせ、

 

『僕が普段感じたり、考えたりしたことをアウトプットしていきたい』

という想いで、『KATASUMI PRODUCTS』と名づけました。

 

このように、自分が運営していくブログのコンセプトを反映させると

1にも書いた様な、ありきたりなタイトルにはなりませんし、

自身の想いものっかり、ブランディングにも一役買ってくれます。

 

(3)新しい言葉を作る(造語)

これは考え方というよりも、テクニック的な話になります。

ズバリ、造語を作りましょう!と言うことです。

(方法論は色々あるので、また別でご紹介します)

 

「実際にある企業名の多くが造語」

というのはご存知でしょうか?実際に例を上げてみると、

●asics(アシックス):ラテン語 (Anima Sana In Corpore Sano)「健全な精神は健全な肉体に宿かれし」の頭文字造語

●intel(インテル):英文 (Integrated Electromics)「統合された電子工学」の頭文字造語

●avex(エイベックス):英語 audio、visual、expertの頭文字造語

●docomo(ドコモ):英文 (Do Communication with a Mobile phone)の頭文字造語。日本語の「どこでも」の意味を含む

●Yahoo!(ヤフー!):英文 (Yet Another Hierarchical Officious Oracle)「(もうひとつの階層構造の気が利くオラクル(データベース名称)」の頭文字造語。またヤッホー!の意味も含む。

(http://www.bds.ne.jp/hint/hint_acronym.htmより引用)

どの企業も、9割以上の方が知っているのではないでしょうか?

造語というのは、身近な企業でも多く採用されている手法なのです。

 

このテクニックを使えば、

どのブログにもない、オリジナルのタイトルが出来上がるはずです(^^)

是非チャレンジしてみましょう♪

 

おわりに

いかがでだったでしょうか?

考え方・テクニックなどが分かっても、最終的に考えだすのは運営者であるあなた自身です。

今後ずっと付き合っていくブログのタイトルですから、想いのこもったものにすると良いでしょう。

こんなタイトルどうでしょうか?みたいな相談も大歓迎です!

もしよければ、僕に聞かせてくださいね(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. トレンドアフィリエイトで記事を効率的に書く方法や考え方について

  2. ネット副業で稼げない人の原因や理由とは?成否を分けるたった一つの要因

  3. ブログレベルに合ったネタ&キーワード選定を!考え方とコツは?

  4. ブログ公開前にチェックすべきポイント3つ!修正・解決方法についても

  5. 内職や副業バイトより稼げる仕事はコレ!初心者歓迎0から教えます!

  6. ブログに誹謗中傷のネガティブコメントがつく理由と対処法は?ちょっと考え…

ツールバーへスキップ