グーペ「ウェルカムメッセージ」と「お知らせの表示件数」を設定しよう!
グーペ「ウェルカムメッセージ」と「お知らせの表示件数」を設定しよう!

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<


今回は、グーペのトップページ「ウェルカムメッセージ」「お知らせの表示件数」について。

前回の記事では、グーペのホームページ製作で重要な「スライドショー画像」についてお伝えしました。トップページを構成する内容は他にもあり、今回お伝えする2つが残りのトップページコンテンツとなります。

「ウェルカムメッセージ」は、初めてホームページに訪れた方に対して、文章や画像を使用した柔軟なPRが可能となるエリアですので、最大限活用しておきたいところです。

「お知らせの表示件数」は、お知らせ機能で発信されたお店の情報のタイトルがリスト形式で表示される機能です。よく他のサイトなどでも目にする「新着記事一覧」みたいな機能ですね。

それでは早速、「ウェルカムメッセージ」「お知らせ表示件数」について編集していきましょう。

1「ウェルカムメッセージ」の編集

デモサイトのウェルカムメッセージ

 

3つの編集モードから選んで作成可能

「リッチエディタ」モード

「HTML入力」モード

「旧エディタ」モード

ウェルカムメッセージの作成は、「リッチエディタ」「HTML入力」「旧エディタ」の3つの編集モードから選択が可能です。開いた段階で設定されている「リッチエディタ」が一番操作しやすいですが、HTMLコードを貼り付けたい場合などは「HTML入力」に切り替えて作業を進めてください。

その際に注意していただきたいのは、編集した箇所がある場合必ず「ウェルカムメッセージ更新」を押してください。そうしないと、編集モードを切り替えた段階で未保存の内容が失われてしまいます。些細なミスですが、誰でもやってしまう可能性ありますので、こまめに保存するよう心がけましょうb

リッチエディタのツールバーについて解説

ウェルカムメッセージのツールバー

リッチエディタで表示されるツールバーの中から、使用頻度の高そうなものをピックアップしてみました。これらの機能を使えば、ある程度思い通りの表現が可能になるかなと思います。

「テンプレート」という、登録されたコンテンツを簡単に追加できる機能があるのですが、なかなかエッジの効いた内容になっているので、個人的には使用頻度は低めかなと感じました。自分で登録出来たらいいなと思うのですが、現状ではその機能はありません。今後実装されることに期待ですね。

 

2「お知らせ」の表示件数設定

最大10件まで表示可能なお知らせ表示エリア

 

上でも軽く触れましたが、「お知らせ」というブログ的な機能を使って情報を更新すると、そのタイトルがこのような形式で表示されます。最大10件まで表示させることが可能です。

ただし、あまりに多いと認識されなくなってしまいますので適度な数にとどめておくことをおすすめします。

僕が考えるおすすめの表示件数は、「3件」です。「3」という数字は、「マジックナンバー」とも言われマーケティングの世界や日常の身の回りでもよく使われる数字です。

例えば、何かの説明をするときに「2つじゃ物足りないけど、4つじゃあ多いかな?」と感じた経験はありませんか?これはまさに、マジックナンバーの影響を受けていている状態です。3件より多くても問題はありませんが、あまりに多すぎると認識されにくくなるので、適度な数に設定するようにしましょう!

 

3表示位置のカスタマイズ

トップページのコンテンツは、上から順に「スライドショー画像」「ウェルカムメッセージ」「お知らせ」という並びで表示されています。管理画面内には、その順番を並べ替える設定が用意されていないのですが、ちょっとしたカスタマイズで順番を入れ替えることが可能です。(スライドショーを動かすと、サイトとしてのバランスがおかしくなるので、「ウェルカムメッセージ」と「お知らせ」の表示の入れ替えです。)

別記事にて解説していますので、下記リンクより参照してください。

 

4「ウェルカムメッセージ」「お知らせ」まとめ

  1. ウェルカムメッセージは、3つの編集モードから選べる
  2. 編集モード切り替え時は保存を忘れないように
  3. お知らせの表示件数は「3件」がおすすめ
  4. 「ウェルカムメッセージ」と「お知らせ」の表示位置は入れ替え可能

 

 


おすすめの記事