ブログを独自ドメインで作る方法!『お名前.com & wpxクラウド』で構築【図解あり】

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<


今回は、ブログをはじめとしたウェブサイトの作り方についてお伝えします。

アメブロなどの無料サービスで作ることも出来ますが、いろいろな制限が多くビジネス用でメインに使用するには心配な面がたくさんあります。そのため、メインで使用するものは、独自で0から構築する方法がおすすめです。

今回の内容は「ドメイン取得」「サーバー取得」「WordPressインストール」までの、「公式ウェブサイト」や「ブログ」など、いろいろなサイトを作るための基礎となります。難しく感じるかもしれませんが、実際の画面を表示させながら解説していますので初めてでもご安心ください^^

この記事のゴール地点

ホームページの立ち上げが完了します!(機能やデザインは別記事で!)
記事を読みながら進めると時間がかかりますが、慣れれば作業自体は20分もあれば完了出来る内容です。

ホームページ作成のコストはどのくらい?

予めご注意頂きたいのが、少額ながら独自でホームページを作り、維持・管理するにはコストがかかります。月に500〜1000円程なので、集客に貢献すると考えればコレほどコストパフォーマンスのいい方法はありません。

ぜひ早い段階でネットからの集客口を構築し、売上アップへとつなげていきましょう^^

 

ホームページ作成の手順

最低限の状態にするまで、大きく分けて3つの工程があります。

 

  1. ドメインの取得
  2. サーバーの契約
  3. 管理システムのインストール

 

今回は、これらについて順を追ってご説明します。

 

【1】ドメインの取得

まず、ドメインの取得についてです。ドメインというのは、あなたが運営するブログの「住所」に当たります。

例えば、

◯◯◯◯.com(とか) ◯◯◯◯.jp

 

このような表示は見たことあるでしょうか?サイトにアクセスした際に表示される「アドレスバー(URL)」に このような記載があるかと思います。これらが「ドメイン」と呼ばれるものです。こちらをまずは取得していただきます。

 

ドメインは、「お名前 .com」で簡単に取得が出来ます。

 

お名前ドットコムでドメイン取得

お名前 .com 」の ユーザー登録を済ませておいて下さい。ユーザー登録自体は、一般的なwebサービスと変わらず簡単に登録できますので、今回はそちらの説明を省かせていただきます。

 

(1)使用したいドメインを検索

こちらがお名前 .com の TOP ページです。

赤丸が付いている所に、希望するドメインを打ち込み、その右側にある「検索」ボタンを押して下さい。

(例:example.com)

 

(2)検索結果から使用したいドメインを選択

このような形(赤枠)で使用可能かどうかがわかります。また、「.com」で検索しても、「.net」 や「.jp」などの結果も出てきます。

使用可能な場合は画像のようにチェックを付けることが可能ですが、入れられないものは使用されているので、別ドメインを検討しましょう。

 

チェックを入れると、右側のカートに入ります。不要なものは、カートから削除します。

 

取得したいドメインのみ選択ができたら「お申し込みへ進む」ボタンをクリックし進んでください。

 

(3)申込内容の確認

先ほどの内容確認画面になります。

赤枠内に、「Whois 情報公開代行」という項目がありますのでチェックを入れて下さい。これは、「サイトの運営者が誰なのか」という開示義務のある情報を、あなたに代わりお名前.com側の情報を掲載してくれるサービスで、プライバシー保護の観点から利用をおすすめします。

 

また右下にある「サーバ選択」の「利用しない」にチェックを入れます。これは、「サーバーを同時に申し込むかどうか」という内容です。このあと別サービスで契約する予定なので不要です。

事前に登録しておいたユーザー【ID / Pass】でログインし次に進みましょう。

 

(4)支払い方法を選択し決済する

ここはクレジットカード払いがオススメです。次回更新時に、簡単に手続きが出来るためです。

選択後、「規約に同意し、申し込む」ボタンをクリックし進んで下さい。

 

(5)申し込み完了

これで申し込み完了です。登録完了後は重要なメールが届きますので、見逃さないようにチェックしておいて下さい。

以上で、ドメイン取得の流れはおわりです。次にサーバー取得の手順に移ります。

 

 

【2】サーバーの契約

次は、サーバーの取得について。

 

サーバーは、ブログを管理する場所のことです。先ほどの例になぞらえると、ドメインが「住所」だったのに対し、サーバーは「土地」といったところです。

 

サーバーの契約は、「wpx クラウド」がオススメです。その理由は、ブログを管理するためのツール「WordPress(ワードプレス)」 に特化しており、導入が簡単で、 なおかつアクセス増減時のプラン変更が容易なためです。

 

最小プランは、月額 500 円(税別)と安く、最初のコストとしてもお手軽なのがいいですね。

 

 wpxクラウドでサーバー契約

(1)TOP画面より「クラウド」を選択

こちらが wpx クラウドの TOP ページです。

画像上の丸印、「レンタルサーバー」ではありませんのでご注意下さい。

余談
実は私、知らずに失敗した経験がありまして ....間違えて「レンタル」の方で契約してしまいました ^^;あなたも私のように間違えないよう、くれぐれも注意して下さい m(__)m

 

「クラウド」を選択したら、メニューバーにある「料金」をクリックして下さい。

 

(2)グレード一覧から選択

すると、各グレードの料金一覧が表示されます。

これからホームページを始めますので、赤枠のグレード A を契約したいと思います。

 

因みにグレード A は、月間 30 万 PV くらいまで耐えられますから、ホームページのスタートには十分なプランです。

料金一覧の右下の方の、「新規お申し込みをする」 をクリックして下さい。

 

(3)申し込みまでの流れ

  1. メールアドレスの登録
  2. 確認メールの受信
  3. 会員情報登録とクラウドサービスの申し込み
  4. お試し期間の開始
  5. 料金のお支払い
  6. お支払い確認メールの受信

 

すると、移動先のページ内で上記1〜6についての案内が表示されます。

(実際の画面では、分かりやすいフローチャートが表示されています。)

 

赤字にした1~3までの部分は、お名前 .com の時同様、初期登録に関する部分なので、説明は省かせていただきます。

 

ページ内の「1、メールアドレスの登録」 の部分にある「お申込みフォーム」より進めていって下さい。

 

(4)管理パネルからログイン

登録が完了すると、管理パネルにログイン出来るようになります。こちらがwpxクラウドの管理パネルです。

 

左下の、「ドメイン追加設定」をクリックして下さい。ここから先は、先ほどお名前 .com にて取得したドメインとwpxのサーバーを関連付ける作業になります。

 

(5)他社ドメイン追加

こちらの画面が表示されてるかと思います。

始めは「ドメイン一覧」が選択されていますので、「ドメイン追加」をクリックし切り替えます。

その後、「他社管理のドメインを追加する」をクリックして下さい。

 

(6)追加するドメインを入力

お名前.comで取得したドメインを入力します。認証方法は Whois 認証を選択して下さい。

 

スグ下にある「ドメインの追加(確認)」ボタンを押したい所ですが、次にお名前 .com 側での設定が必要ですので、まだ押さないで下さい。

その状態のまま、新規ウィンドウで、お名前 .com の管理パネルを開きます。wpx の管理パネルはまた後程戻ってきますので、消さずに残しておきましょう。

 

(7)ネームサーバー変更(お名前.com側)

こちらは、お名前 com の管理画面を少し下にスクロールした画です。

左側に「ネームサーバーの変更」という箇所がありますので そちらをクリックして下さい。すると、「ナビゲーションの確認」というメッセージが表示されますが、無視して「このページを離れ」て下さい。

 

 

すると、取得したドメイン一覧が表示されます。

僕の場合は複数のサイトを管理しているためズラッーと並んでいますが、登録したでの場合は1つのみ表示されているはずです。

先程取得したドメイン名の横にチェックを入れて、下にスクロールしてください。

 

「ご登録情報に変更・相違はありませんか?」という質問が表示されていますので、右側青い方のボタンをクリックし、表示を消して下さい。

 

表示を消したら、画像上の矢印の箇所を、「他のネームサーバーを利用」にチェックを入れます。

切り替わったら、「ネームサーバー情報を入力」の1~3にwpx クラウドで表示された

「ns1.wpx.ne.jp」

「ns2.wpx.ne.jp」

「ns3.wpx.ne.jp」

この3つを入力して下さい。

 

 

入力し終えたら、下方の「確認画面へ進む」ボタンより進み、確認画面で間違いがなければ「設定する」をクリックして下さい。

 

2~3分待った後に設定が終わります。これでお名前 .com 側の設定は完了です

 

単調な作業ばかりで疲れますよね^^;

もう少しで終わるので一緒に頑張りましょう!

 

(8)ドメイン追加確認(wpx側)

先ほど中断した wpx クラウドの管理画面に戻って下さい。

認証方法を選択する欄の直下の、「ドメインの追加確認」をクリックします。すると確認画面が表示されますので、間違いがなければ、「ドメインの追加確定」をクリックして下さい。

 

これで、ドメインとサーバーの関連付けが完了しました!続いてこの流れで、WordPress のインストールを行います。ここはもの凄く簡単ですので一瞬でおわります!

WordPressって何?という感じだと思いますが、また後半でご説明しますので、ひとまず構築だけ済ませちゃいましょう。

 

上の完了画面、赤丸で囲った「追加したドメインに wordpress をインストールする」というボタンをクリックして下さい。

 

【3】管理システム(WordPress)のインストール(wpx側)

するとこのような画面になります。

「サイトアドレス」

「WordPress ID」

「ブログタイトル」

「メールアドレス」

を入力して下さい。

 

サイトアドレスは、先ほど関連付けが完了した独自ドメインを選択出来るようになっています。

WordPress ID は、ログインするための管理者 ID になりますので、簡単すぎないものがいいですね。

 

以上の項目が入力出来ましたら、次へ進んで下さい。

 

確認画面が表示されるので、間違いが無ければ「確定(WordPress をインストール)」をクリックして下さい。

 

これで WordPess のインストールが完了となります。表示された情報は、忘れないように保管しておいて下さいね。

 

WordPress の管理画面のURLは、ブログ URL に「/wp-admin/」をつけた形となります。ただし、インストール完了となってから、少しの間はアクセスできませんので、余裕を持って 30 分位経ってからアクセスして下さい。

 

WordPressとは?

作業の流れ上、説明が後になってしまいすみませんでした。

 

WordPress(ワードプレス)というのは、ブログを管理する為のシステム(CMS)です。アメブロなどの無料ブログでも、記事をかいたりデザインを変えたりするときに、管理画面にログインして作業しますよね?

あれの代わりがWordPressだと思って下さい。

 

上でもお伝えしましたが、WordPress管理画面へのログインは「http://example.com/wp-admin/」から可能です。

(※example.comは、ご自身のドメインに置き換えて下さいね。)

 

ログイン後にサイトの設定を色々と行う必要があるので、それはまた別記事にてお伝えしたいと思います。

 

まとめ

今回は、ホームページを作るための基礎部分となる「ドメイン取得」「サーバー取得」「管理システム(WordPress)の導入」についてお伝えしました。

これらを終えた今の段階は、とりあえず「仮設の住宅」が出来上がった状態だと思ってください。サイトにアクセスしてみると、簡単なデザインで表示がされているはずです。

ここからさらに、各種機能や、見た目をどうするかなど、全体のデザインをしていきます。もう少し単調な作業を必要としますので、サイト完成まではもう少しです。この続きから解説していきますので、ぜひ次の記事もチェックしてみてくださいね。


おすすめの記事