グーペのSEO設定の内容解説!ホームページ作成後すぐ設定しよう!

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<


 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。ブログ集客アドバイザー shunsuke(@shunsuke_skip)です。

今回は、ホームページ作成サービス「グーペ」のSEO設定について内容を解説!

グーペ内では「SEOかんたん設定」という項目が設けられており、その範囲内でSEO用の設定をすることになります。検索結果に影響を及ぼす重要な設定ですので、サイトを作ったらまず最初に忘れず設定するようにしましょう。

1、ホームページのタイトル・説明文の編集

デモサイト「グーペでできること。」の設定画面。

ここでは、metaタグの設定を行います。metaタグ(メタタグ)とは、そのサイトについて検索エンジンに知らせるための情報で、適切に設定しておく必要があります。

グーペ上で設定できるのは「title属性」「description属性」の2つです。ページ内にある、「Google検索での表示イメージ」を確認しながら設定しましょう。

初期段階ではありませんが、フリーページを1つでも作成した後は、フリーページごとのmetaタグ設定も可能になります。フリーページを作った際には確認・設定するようにしましょう!

descriptionについては、メインとなるキーワードを意識して作成するといいですね。今回のデモサイトを例にすると「グーペ できること」を意識して作成しています。

 

2、ホームページの公開設定を確認

  • 公開設定
  • タイトル、説明文
  • ファビコン
  • 通貨単位
  • 詳細設定

これらの設定が可能です。一つずつ確認していきましょう。

公開設定

ホームページの公開状態を設定出来ます。すべての人が見れるようにするには「公開」、公開前の作成段階であれば「工事中」にしておきます。サイト内の注意書きにもありますが、作成後にサイトを削除したくなった場合には、「非公開」へと切り替えましょう。それ以外特に何もしなくても、自然とインデックスから削除されます。

 

タイトル、説明文

先程のmetaタグと似ていますが、先程の内容は検索エンジン向けの設定で、今回のはユーザー向けの設定です。ここで設定した内容が、ホームページ上に表示されます。今回の例では、metaタグと同じ内容に設定されていますが、変えることももちろん可能です。

 

ファビコン

「○○○.ico」というファイルのみ使用できます

「ファビコン」聞き慣れないフレーズかもしれませんが、きっと普段何気なく目にするものだったりします。

chromeブラウザでの表示例

インターネットを使用するさい、いろいろなページを開くと思うのですが、その時のタブ(上の方にあるしおりみたいな役割のもの)に表示されている小さな画像が「ファビコン」です。

設定されていないサイトもありますが(現時点でデモサイトも未設定)、これがあることによって視覚的に何のサイトかわかるので、ユーザービリティを高めることが出来ます。僕なんかはタブを開きすぎちゃうタイプなので、ファビコンがないとかなり困ってしまいます。画像を用意するのが面倒かもしれませんが、忘れずに設定しておきましょう!

ファビコンを作るための無料webサービスもあるので、画像編集が苦手な場合はそれらを活用するのもおすすめです! >https://ao-system.net/favicon/

 

通貨単位

サイト内で使用する通貨単位の設定ができます。「円」のお店さんがほとんどだと思いますが、それ以外の通貨で表示させたい場合にはこちらを編集します。テキスト入力の項目なので、好きな表記に変えられますよ。

 

詳細設定

詳細設定では、「Google翻訳ウィジェット」「上級サイト管理機能」へのリンク、そして「キーワード(非推奨)」の設定が出来ます。キーワードの設定については、metaタグの部分をきちんと設定しておけば、特にやらなくても大丈夫です。

Google翻訳ウィジェット

サイト内に、このような翻訳ウィジェットを設置することが出来ます。言語を切り替えるだけで、コンテンツがその言語で翻訳されるので、海外の方にも見てほしい場合には設置しておきましょう。

 

上級サイト管理機能

この機能は、通常は利用しなくても大丈夫ですので、今回は割愛します。

 

独自ドメインの設定(ある場合)

デモサイトでは、あえて独自ドメイン設定をしていないのですが、店舗のホームページとして利用するのであれば、独自ドメインでの運用をおすすめします。設定しないと「r.goope.jp」という文字が入ってしまうので、格好がつかないですからね^^;

独自ドメインで運営することにより、ブランディングにも影響しますので、できるだけ設定するようにしましょう。

 

Google Search Console(通称:サチコ)に登録

Googleが提供する「Google Search Console(サチコ)」への登録が促されていますが、グーペ内で設定することは特にありません。別記事にて解説しますので、そちらを参照していただければと思います。とても簡単に設定出来ますよ^^

 

まとめ

あまり多くのことを設定出来るわけではありませんが、最低限これらのことはやっておいたほうがいいです。また、別記事でご紹介するSearch Consoleについても是非導入していただきたいですね。一例ですが...、自サイトに足りないのがどんな情報なのか、手にとるように分かりますよ!


おすすめの記事