副業で「手軽」と言われている6種の在宅ワークについて考えてみた

こんにちは、shunsukeです。

先日「手軽に出来る副業」という記事を見かけ、

6種の在宅ワーク(?)について解説されていました。

 

中身を見てみると正直、

「なんだかなぁ」というものばかり。

あまり納得出来るものではありませんでした^^;

そこで今回は、その内容を受けて

僕なりの副業論を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

紹介されていた在宅ワーク6種

まずは、例の記事で上げられた副業一覧です。

1、ポイントサイト

2、アンケートモニター

3、テレフォンアポインター

4、アクセサリー販売

5、ネットオークション

6、チャットレディ

 

どれもよく聞くものばかりですね。

では個別に見ていってみましょう。

 

1、ポイントサイト

商品モニターへの申し込みや、動画視聴、

ゲームをプレイすること等によって

換金可能なポイントを獲得できる仕組みです。

 

とても簡単に利用できる分、

換金率が異常に低いです。。100pt=1円とか。。

どんなに頑張っても、時給100円ちょっととか

そのくらいが限界だと思います。

 

空いた時間にコツコツやって、

いつの間にか貯まってた!みたいな感じなら

良いのかもしれませんが、それにしても

費やす時間に対しての額が低すぎです。。

 

日常生活で節約に勤しんだ方が、

まだお金が貯まっていくと思います。

 

2、アンケートモニター

これも1とあまり変わりません。

アンケートに回答する事で

換金可能なポイントをゲットできます。

 

ポイントサイトよりは時給として

高くなりそうな気がしますが、

誤差レベルでしかない違いです。

 

3、テレフォンアポインター

最近は、個人に請負制で依頼する

会社もあるみたいですね。

その場合には時給単価で依頼のようです。

 

正直なところ、この仕事を

自宅で行うメリットが感じられません。

この手の仕事は、時給1500円程で募集

していることも多いですし、

わざわざ在宅ワークとして低時給で

受ける必要はあるのかな。。。と。

 

でも、スキマ時間だけ働きたい

というニーズとしてはいいかもしれません。

ただ、依頼主との折り合いをつける

ことが面倒そうではあります。

 

4、アクセサリー販売

販売自体はスマホで出来るかもしれませんが、

商品を用意する手間などを考えると、

あまり「手軽な」副業とはいえないですね。

 

また、本業でアクセサリーを販売している

ショップも多数ありますから、

収入源として構築していくのは難しそうです。

 

5、ネットオークション

こちらもアクセサリー販売同様に、

売るための商品がなければなりません。

自宅に要らないものが溢れかえっていれば

別かもしれませんが、それでも

販売出来るものには限度があります。

 

また、購入者とのやり取りや

商品発送など、付随する作業が多く

少し手軽さに欠く印象があります。

 

6、チャットレディ

女性限定ですが、ネット版の水商売、

みたいな感じでしょうかね。

ウェブカメラを使って、

ネット上の相手と対話することによって

報酬を得ていきます。

 

人気を得られれば結構稼げそうですが、

それなりのリスクがあるのも事実。

アイドルの襲撃事件などもありましたし、

副業でするには怖い部分がありますね。

 

副業選びの3つのポイント

1、得られる額

2、投資する時間

3、リスク

これから副業を探す場合には、

この3つのバランスを考える必要があります。

 

1、毎月3万円は得られるのか

2、家事の合間、1日2時間くらいを使ってできるか

3、始めるのにリスクは有るか

 

例えばこうやって検討してみて、

ご自身にあった方法を選択しましょう。

 

 

こう考えると副業でブログ運営はかなり優秀

僕が教えるブログノウハウを例にすると、

 

1、数万〜数十万(掛けた時間による)

2、1日1時間とか。

3、ブログの維持費、付き数百円

 

こんな感じになります。

ブログ運営の最大のメリットは、

【資産になる】という点です。

 

初めは1日1時間費やしていたのが、

記事数が増えるにつれ、月数時間程度でも

毎月安定した報酬を得られるようになります。

 

それこそ人によっては、数十万単位の報酬です。

同じ時間とリスクをとって、

得られる金額には大きな差が生まれる。

何も知らないと、こんな事態になるわけです。

 

賢い人は、ブログ運営を始めています。

もし、副業を検討中・実施しているけど月1万以下、

という方は、是非チャレンジしてみてください。

 

僕の作ったマニュアルは無料で使えるので、

もしよろしければ御覧ください。

 

まとめ

  • 巷の在宅ワーク系はお小遣いレベル
  • 同じ時間費やすならブログをやろう

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. パソコン内職の収入の相場はいくら?データ入力やアンケートなど調べてみた…

ツールバーへスキップ