ホットペッパーグルメ適正プランの選び方は?Bでも集客が多いって本当!?

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<


こんにちは、web集客サポーターのshunsukeです。

ホットペッパーグルメへの掲載はされていますか?「ぐるなび」、「食べログ」と並び、現時点での3大グルメサイトですので、利用されているお店さんも多いことでしょう。掲載中であれば、プラン設定があることはご存知かと思いますが、実はそのプラン選択がなかなか難しかったりします。販促費が潤沢であれば、最上位プランであるSSPを通年で利用も出来ますが、難しい店舗さんも多いことでしょう。

そこで今回は、ホットペッパーグルメにおけるプランの選び方について、適正かどうかのチェック方法を簡単にご説明したいと思います。既に掲載中のお店さん向けの内容ですが、これから掲載したいという方についても参考になる部分はあるかと思います。

また「番外編」として、ホットペッパーグルメのプランにおけるちょっとした裏話をしていきたいと思いますので、そちらも是非チェックしてみて下さいね。

 

ホットペッパーグルメのプラン

設定されているプランはエリアによって料金が異なります。今回は、僕が馴染みのある東京・池袋エリアの料金体系を参考に見ていきましょう。

 

(※2017年3月現在)

 

上位プランになるほど流入源となる特集の参加可能本数が増え、表示順位も高くなり、結果としてアクセスが増えやすくなります。SSPとBでは、コストに4倍もの差があり、毎月掲載するには結構なコストです。

冒頭でもお伝えした通り、販促費に余裕があるのであればまったく問題ありませんが、そうでない場合がほとんどですし、仮に予算があったとしても、極力抑えたいのが本音ですよね。そのはざまで、「どのプランが、うちの店に適しているのか」と、悩んでしまうわけです。

よくあるお悩みですが、実は「適正なプランかどうか」を判断する為の簡単なチェック方法があるんです。掲載中のお店でしたらすぐに実行出来るので是非チェックしていってください!

 

ホットペッパーグルメ管理画面上で確認【掲載中店舗向け】

掲載中の店舗向けということで、早速はじめていきます。まずはいつもどおりホットペッパーグルメの管理画面にログインしてください。右側にある、アクセスレポートを開きます。

 

そして、上方にあるタブの中の「フリーワード」をクリックして下さい。すると、こんな感じで店舗ページに訪れた方がどういうキーワードを使ってたどり着いたのかが分かります。

一覧を見てみると、「店名」と思われる検索がいくつかあると思います。正式な店名で検索されたものや略称で検索されたもの、ひらがなやカタカナで検索されたものなど...お店を知っている方が検索したと思われるワードが色々あります。それらを合算し「店名検索」と呼んでいますが、その割合が多ければ多いほど「リピーターさんが検索している」という風に判断が出来ます。

この店名検索の割合が、およそ50〜60%付近にある場合にはプランとしては適正だと考えておりまして、(販促予算の兼ね合いもありますが)そこを目指していくことで集客コストの最適化に繋がると思います。

 

店名検索を使った考え方の例

もしSSPやSSなどの上位プランで店名検索が多い場合には「掲載費を掛けすぎている可能性がある」と考えることが出来ます。上位プランであれば本来、新規集客が多いはずなのにそこが増えていないわけですからね。

逆に、AやBといった下位プランで店名検索が多い場合には「新規獲得のためプランアップした方がいい」と判断が出来ます。そのままのプランでは、競合他店に埋もれてしまっていて新規集客が出来ないためです。

この様に、「店名検索の割合」を目安にお店にあったプラン選択をしてみて下さい。費用かけ過ぎだったのであれば、そこがタイトになって余裕がうまれますし、中途半端な掛け方だったのであれば、集客が増え売上も上がり、お金のやりくりがスムーズになるはずです。

エリアや業態など、様々な条件で変わるため、明確な基準を書くのは難しいのですが、ひとつの判断基準として今回の方法を試して頂けたらと思います。

 

今後ホットペッパーグルメ掲載を予定しているお店さんへ

これから掲載を考えられているお店さんに関しては、今回のチェック方法をすぐに使える訳ではありませんが、頭の片隅に入れておいてもらい掲載後にご活用頂ければと思います。

まずは掲載スタート時のプランについて考えないといけませんが、初めてですし試験的に下位の「Bプラン掲載」が無難かなと思います。エリアや業態の特性もありますしいきなり上位プランはリスキーですからね。

ホットペッパーグルメは、年間契約なので途中での解約は基本的に出来ませんが、プランアップする分には、追加申し込みが可能となっています。つまり、必要に応じて「来月はSSプランに」といったような事ができるんですね。まずBプランで契約しておき、いつでもプランアップ可能な状態にしておきましょう。

 

ホットペッパーグルメの裏話

最後に、ホットペッパーのあまり知られていない話を...

タイトルにも書かれていますがホットペッパーグルメの下位プラン「Bプラン」でも、意外とアクセスが多いんです。本来Bプランですと、特集の本数が少ないうえに表示順位も上位プランより後ろになるのでかなりアクセス数は少なくなります。

ですが意外なことに、Aプランよりもアクセス数が高くなるケースも存在するのです。

要因はいくつか考えられるのですが、大きな影響を与えているのが「リスティング広告」です。リスティング広告というのは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索した際の結果に表示される広告のことを指します。

(※Googleだとこんな感じです。)

 

これらの広告をホットペッパーグルメの方で出しており、検索エンジン上から直に流入してくるので、結果としてBプランでもアクセスが増えるというカラクリです。

広告してもらっているので、一見するとありがたいことのように思えるのですが、実はまったくの逆、なんです。

例えば、Bプランで掲載していたとして、同時にリスティング広告も出されていたとするとどうでしょう。もともとBプラン単体としての集客能力は高くないのにもかかわらず、お店にはホットペッパー経由の予約が予想以上に入ってきます。

そうなって何がいけないかというと、「ホットペッパー効果あるじゃん」と錯覚し、「よし、来月からプランアップしよう」と正しい判断が出来ない可能性があるからです。

広告によって増えていただけなのでAプランにアップをしても、想像していたほどの効果は得られず...これではせっかく販促費を最適な金額に調整しても無駄になってしまいます。適切な販促費を維持するためにもこのことは覚えておいたほうが良いですね。

 

とは言え...

ホットペッパーグルメの裏話を書きましたが、グルメサイトとしての集客力は決して悪くはありません。いやむしろ、最近は検索上位に来ることがあるので掲載の優先度は高まってきつつあります。

そこは忘れることなく、自店の状況に合わせた販促計画を練るように心がけましょう!

 

まとめ

  • ホットペッパーグルメの掲載プランに悩んだらフリーワードを確認
  • 店名検索の割合を見て、プランを検討しよう
  • ホットペッパーグルメの裏話もお忘れなく...

というわけで今回はこの辺で。

 

【おまけ:集客にお困りなら】新しいインターネット集客

グルメサイトは「費用が高い」&「集客効果激減」

今の時代、多くの飲食店さんがインターネット経由の集客があることと思います。ぐるなび、食べログ、ホットペッパーのような大手グルメサイトは利用されているかもしれませんね。

ただ、大手のグルメサイトって掲載するだけで多くの費用がかかります。『ぐるなび』なら、特集や、上位表示プランを追加するごとにどんどん掲載費用が上がっていきます。『ホットペッパー』も、BPP(Bプランの下)なら比較的安価で済みますが、結局は上位プランでないと集客効果は薄れてしまいます。『食べログ』は、一時期までよかったですがここ数年で一気に他社の費用感と近くなりました...。

巨大チェーンであれば、湯水のように販促費用をかけられるかもしれませんが、多くの飲食店さんがそうではありませんよね。

また一方で、数年前とは違い、費用をかけた分の売上を確保するのが難しくなりました。月20万円かけて、繁忙期に1000万円の売上につながっていたのが、今はその5分の1くらいになってしまったお店もありますから。

 

「安価に、そして効果のあるネット集客」とは

グルメサイトにお金をかければよい、という時代は終わったと言っていいでしょう。もちろん、「0」にするのはおすすめしませんが費用のかけ方を考え直したほうがいいタイミングにはなっています。

今までより安価に集客できる。今までより効果のある集客が出来る。これが理想だと思いますが、実はその方法をすぐに取り入れることが出来ます。

必要なのは、お店の「ホームページ」です。既にあなたのお店のHPも開設済みかもしれませんが、もしまだであっても、WordPressなどのCMSを活用すれば月額1,000円ほどですぐに運営を開始できます。

ただ、自分で0からホームページを立ち上げるとなると、少しばかり知識が必要になります。僕も初めてのときは戸惑いましたが、ドメインを取得して、サーバーを借りて...と、いろいろやらなくてはなりません。それが、飲食店運営と並行してとなるとけっこう大変です。できればホームページを作るのも簡略化したいですよね。

そんな壁を解消するのが、「ホームページ制作専用ツール」です。中でも「グーペ」は郡を抜いていて、操作はむちゃくちゃ簡単、お店の情報を入力するだけで、あっという間にホームページが出来ます。色々なテンプレートが用意されているので、誰が作っても、超オシャレなサイトに仕上がります。

しかもそれでいて、月額1,000円で使えちゃうという....

先程も書きましたが、自分で0から作成したとしてもドメイン代にサーバー代にと、月に1,000円くらいかかるのはごくごく普通のことです。ですので、グーペの料金は必要最低限レベルのコストと言えます。

実際に営業しているお店のサイトが、サンプルとして公開されていますので、雰囲気を感じることが出来ます。もし気になるようでしたらチェックしてみてくださいね。今なら無料で15日間お試しできます。(最後に、控えめに言って、「使わないと損」です。)

\PCなしでもスマホアプリでらくらく運用/

 


おすすめの記事