居酒屋ホームページの必要性は?公式サイトがない時お客さんはどうする!?

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<


 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。ブログ集客アドバイザー shunsuke(@shunsuke_skip)です。

他の記事でも書いていますが、飲食店さん向けの集客として「ホームページを作ったほうが良い」という事をお伝えしてきました。実はそこにはふかーいふかーい理由があります。そこで、今回は「ホームページがない場合、お客さんはどの様な動きをするのか?」という点についても考えてみたいと思います。

居酒屋・飲食店にホームページは必要?

まず最初に、居酒屋をはじめとした飲食店に「ホームページが必要かどうか」の結論から申しますと、「今後絶対に必要」だと断言出来ます。

特に地方のお店さんなんかは、「情報発信源」が限られるため、求めているユーザーが居るのにもかかわらずほとんどアプローチできていないという現象が起きています。

僕が生活する地域では、ぐるなび、ホットペッパー、食べログなどこれまで関わってきたグルメサイトは殆ど活用されていません。一部人気店だけが、食べログ上で盛り上がっていたり大手のチェーン店だけが、ぐるなび・ホットペッパーに載っていたり、と、そんな状態です。(担当者にそういった話をしても、「うんうん」とご存知の様子。)

 

肝心のお客さんはどの様にお店を探しているかというと今の時代、インターネットを駆使して探しているわけです。それなのに、公式サイトを持っていないと、潜在顧客層がライバル店にとられてしまう可能性がきわめて高いと言えます。

お客さんの検索〜来店までの流れ
  1. google・yahooなどで、まずネット検索する
  2. グルメ媒体や他メディアが検索結果に出てくる
  3. 公式情報じゃないので内容が薄い
  4. 閲覧中のお店に決める決定打を見いだせない
  5. 他のお店を探す(゚д゚)

 

だいたいこのような流れになことが多いです。せっかく探しているユーザーがいるのに、逃してしまってはもったいなさすぎます。

こういった機会損失を減らし、お客さんにアプローチするためには、訪問の決定打になりうる公式サイトの存在は欠かせません。

 

ホームページを作る予算がない

ホームページの必要性を少しは感じて頂けたかと思いますが、ネックなのは、作るのに掛かる費用ですよね。一般的に、ホームページを作るのには数十万から、高いところでは数百万という高額な費用が発生する場合もあります。

大手飲食チェーンのような会社でしたらそれだけの余力や、管理するための専門部署があるかもしれませんが、そこまでコストを掛けられるところって殆ど無いのではないかと思います。そのため、「ホームページを持たない」ではなく、「ホームページを持ちたいけど持てない」という状況のお店さんが殆どはなずです。

実は、私が以前務めていたお店もそうで「作りたいけどお金かかるし、媒体にお金かけてるしとりあえずいいや。」という考えが会社の意向でした。その為、「グルメサイトからの流入が激減」という世の中の大きな流れに対抗するすべを持たず、媒体に依存するしかありませんでした。

このような同じ轍を踏まないためにも、早い段階で作成しておくべきです。自分でドメインを取得し、サーバーを借りて、WordPressなどのCMSを活用すれば月額1,000円ほどですぐに運営を開始できます。もしよかったら参考にしてみてください。(ただ、少しばかり知識が必要です...)

 

手軽に始められるホームページ作成サービス

「ホームページが重要なのは分かった!でもやっぱり、そこにお金を掛けられる状況じゃない!」

という声が聞こえてきそうです。実は、そんな状況を打開する、うってつけの策があります。上で少し触れた独自ドメインでのホームページ作成より更にお手軽な方法です。

それが「ホームページ制作専用ツール」です。中でも「グーペ」というサービスは郡を抜いていて、操作はむちゃくちゃ簡単、お店の情報を入力するだけで、あっという間にホームページが出来ます。色々なテンプレート(合計37種類)が用意されているので、誰が作っても、超オシャレなサイトに仕上がります。(デモサイト

しかもそれでいて、月額1,000円で使えちゃうという....

先程も書きましたが、自分で0から作成したとしてもドメイン代にサーバー代にと、月に1,000円くらいかかるのはごくごく普通のことです。ですので、グーペの料金は必要最低限レベルのコストと言えます。

実際に営業しているお店のサイトが、サンプルとして公開されていますので、雰囲気を感じることが出来ます。もし気になるようでしたらチェックしてみてくださいね。今なら無料で15日間お試しできます。(最後に、控えめに言って、「使わないと損」です。)

\PCなしでもスマホアプリでらくらく運用/

 


おすすめの記事