【WordPress】記事内への定型文挿入プラグインPost Snippetsの使用方法

【WordPress】記事内への定型文挿入プラグインPost Snippetsの使用方法

こんにちは、shunsukeです!

バナー広告のコードなど、記事内で毎回使用するものを

その都度コピペするのってとても面倒ですよね。

慣れてしまえばそんなこともないのかもしれませんが….効率は悪いです(‘A)

 

そんなときにおすすめなのが、自分オリジナルのスニペットを設定し

記事内や任意の場所で使用することが出来るプラグイン「Post Snippets」です。

今回は、Post Snippetsの簡単な使用方法についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 

WordPressプラグイン「Post Snippets」の使用方法


post_snippets

 

Post Snippetsのインストール

まずはWordPress管理画面内、「プラグイン」→「新規追加」より、

Post Snippetsを検索しインストールしましょう。

インストールしたら「有効化」をお忘れなく!!

 

Post Snippetsの設定方法

有効化をすると、管理画面の設定内に「Post Snippets」が表示されます。

クリックした後の設定画面がこちらです↓

postsnippets_setting

上の画像を御覧ください。

まず左側にある「title」の部分に、任意の名前を設定します。

自分で分かれば良いので、どんな名前でもOKです。

 

 

そして、登録したい内容を一番右側のテキストエリアに入力します。

僕がよく使うのは、記事の真ん中あたりに挿入するadsenseのコードですね。

 

(WordPressを使い始めたばかりの頃は、直打ちしてたので本当に面倒でした...)

 

 

登録を完了する前に、真ん中辺りにある「Shortcode」に忘れずチェックを入れましょう。

これを入れないと、記事内でスニペットを使用した際、

右側のエリアに入力した内容がそのまま吐き出されてしまうので、

記事編集の時にごちゃごちゃとしてしまいます。

せっかくの機能ですし、スマートに使いましょう^^

 

記事内での使用方法

それでは次に、使い方についてご説明します。

Post_snippets1

 

記事編集画面のツールバーの中に、

黄色い付箋のようなアイコンが現れます。

これをクリックすると、

 

Post_snippets2

 

このような表示がされるので、挿入したいスニペットを選択し、

右下にある「Insert」をクリックします。

 

 

Post_snippets3

 

モザイクをかけちゃったので分かりにくいですが、

このような感じで[  ]付けで挿入されます。

入力のスタイルが、「ビジュアル」でも「テキスト」でも変化はありませんが、

プレビューをした時に、実際の表示が確認出来ますよ。

 

使ってみるとわかりますが、本当に便利すぎて手放せなくなります。

今では、新規サイト立ち上げ時すぐに入れるプラグインの1つです。

皆さんも是非お試しあれ(・´з・)

 

おわりに

今回は、スニペットを簡単に作成出来るプラグイン「Post Snippets」をご紹介しました。

僕は上で説明したようなシンプルな使い方がメインですが、

工夫次第ではより多彩な使用方法がありそうです。

もし興味のある方は是非試してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. 【WordPress】メニューのアイコン設置プラグインFont Awe…

  2. 【WordPress】新着情報お知らせプラグイン「What’…

  3. imagehover.cssの使い方・設定方法は?反映されない時の対処…

  4. 【WordPress】カテゴリにアイキャッチを付けるプラグインCate…

  5. 【WordPress】会話風な吹き出しプラグイン「Speech Bub…

  6. WordPressでカスタマイズできない?読み込みエンドレスの対処法は…

ツールバーへスキップ