1歳〜2歳の子供の成長ぶりがすごい!身近で感じた凄い行動3つ

1歳〜2歳の子供の成長ぶりがすごい!身近で感じた凄い行動3つ

こんにちはshunsukeです。

サラリーマンを辞め独立し、今は自宅兼事務所という環境で生活をしていますが、

そのお陰で、息子の成長を常に身近に感じられています。

 

そんな我が家の息子がもうすぐ2歳になりますが、ここ一年の成長ぶりが半端ない!

もともと色々と早くに出来る子だったので、そのせいもあるかもしれませんが、

成長ぶりを見ていると、「人間ってすごいな〜」と日々感心してしまいます。

 

世のお父さん方はなかなか身近に感じられないと思いますので、

「パパたちは知らない1〜2歳児はこんなことをする!」

という内容をご紹介してみたいと思います。

 

読んでくれたあなたが、少しでも子供たちと向き合うきっかけになればいいなと思います^^

あくまで我が家の話なので、一般論出ないことをご了承ください。

スポンサードリンク

 

(1)大人が「なくした」と思ったものを隠している

おもちゃなりちょっとした文房具なりが見当たらない時、

「息子に隠されている」パターンが最近多いんですよね。

 

「◯◯どこにいったか知らない〜?」

と聞くと、スタスタ走って持ってきてくれますw

まだ2歳前なんですが、ちゃんと言葉を理解してくれているんだなと感動します。

まだ片言しか話せないですが、今にも喋り出しそうな、そんな感じ。

 

(2)大人がやることはすぐにコピーする。結構な精度で。

大人の真似をして色々と覚えてくれるのはいいことなんですが、

息子がいたずらしないように作った仕掛け(柵や扉のロックなど)の解除方法を

大人がやっているところを見て覚えてしまうんですね。

 

一人で登らないように付けた階段下の柵や、

勝手に開けないように付けた冷蔵庫のマジックテープ(簡易的なロック)など。

 

せっかく設置したそれらの仕掛けも、すぐ意味がなくなるというイタチごっこの日々。

ただ、いたずらさせるまでの多少の時間稼ぎにはなっていると思うので、

全く無駄ではないのですが、それにしても覚えてしまうスピードには驚かされます。

 

(3)熱い食べ物も果敢に挑戦する

今よりもっと小さい頃は、しっかり冷ましてから食事させていました。

その後、自分で冷まさせるように「ふぅふぅして食べなさいねー」と教えていたのですが、

今はその流れをすっ飛ばして、熱々の(大人レベルでは熱くない程度の)料理に挑んでいきます。

 

当然、ファーストタッチは熱そうな顔をするんですけど、

その後は何食わぬ顔で料理を食べ進めていきます。

下手したら猫舌の人たちよりも熱いの食べれるかもしれないです。

怖いもの知らずというのは恐ろしいですな。。。w

 

おわりに

今回ご紹介したのはたった3つですが、いつも一緒にいると色んなことが発生します。

色々ありすぎて集中出来ない時もありますが、それはそれで良しとします^^;

 

本当に子供の成長って早いです。甥っ子たちの成長も見て感じていましたが、

実際我が子と毎日一緒にいると、更にそれを実感しますね。

 

世間では「魔の二歳児」なんて言われ方をする年頃になってきた息子。

その片鱗が少しずつ垣間見えてきているのが怖い…..

どうか出先で駄々こねたりしないでくれ…..今はそれが心配です^^;

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. 黒部ダムでベビーカーや車椅子は使える?大町温泉郷ルート観光体験記!

  2. 子供におすすめ文化系習い事ベスト3!その理由や効果について考察!

  3. 二児の父親になりました!出産当日のパパの心構えとやるべき事【実録】

  4. シャボン玉の電動おもちゃのおすすめは?良さそうなのを探してみた

  5. マタニティブルー?産後の様子がいつもと違う時にパパがすべき3つの事

  6. 子供が数を数えるのはいつから?僕が実際に行なっている方法やコツも

ツールバーへスキップ