WordPressの基本的プラグインまとめ!最初期に導入し運営効率アップ!

こんにちは、shunsukeです。

今回は、Wordpressをインストールしたあとすぐに入れるべき

基本的なプラグインについてご紹介したいと思います!!

必要最低限のプラグインとなりますので、

これだけでもまずインストールしておきましょう。

(設定方法などは、個別記事で説明していきますね。)

スポンサードリンク

 

最初期に導入すべき基本的プラグイン5選

 

まずインストールしてほしいプラグインは以下の5つです!

すべて、Wordpress内で検索すると出てきます。

それでは御覧ください↓

 

①Akismet:スパム対策

WordPressにプリインストールされている中で、

(唯一)使えるプラグインがこの「Akismet」。

Akismetのお陰で、延べ数万件以上の不正ログインに対応してこれました。

また、スパムコメントにも対応してくれるので、

よほどの理由がない限り有効化しておきましょう。

 

②All in One SEO Pack:SEO対策

WordPressのSE対策系のプラグインの中では

トップクラスのシェアを持つ「All in One SEO Pack」。

細かな設定要素が盛り沢山ですが、継続的にサイト運営をしていくのであれば

設定すべき項目ばかりですので、是非導入しておきたいプラグインです。

 

③PS Auto Sitemap:ユーザー向けのサイトマップ

こちらは、ユーザー向けのサイトマップを

自動で作成してくれる「PS Auto Sitemap」。

「自動で」というのがポイントで、以前は手動だったサイトマップ作成を、

完全に自動で生成してくれます。これによって追記漏れがなくなり、

ユーザーが目的のページにたどり着きやすくなります。

つまりは、ユーザビリティが向上するという訳です。

 

④PubsubHubbub:googleインデックス補助

記事更新の際にGoogleに通知し

早期インデックス登録を促す「PubsubHubbub」。

(変な名前で、なんて読めば良いのか未だにわかりませんw(パブサブハブバブ?))

 

ブログを始めたばかりの頃は、

インデックスされるまで時間がかかりがちですが、

PubsubHubbubを導入することでその問題が(少し)緩和されます。

また、早くインデックスされるため、

記事をコピーされたりという不正防止にも効果的です。

Googleのエンジニアも推奨しているらしく、

WordPress導入後すぐインストールしておきたいプラグインですね。

 

⑤TinyMCE Advanced:ビジュアルエディタ拡張

そして最後が、ビジュアルエディタ拡張プラグインの「TinyMCE Advanced」。

記事作成を助ける、様々なツールが揃っていてかなり便利です。

ツールの入れ替えも簡単なので、

自分の使いやすい様にカスタマイズすると効率的な記事作成が出来ます。

 

おわりに

以上僕が考える、最初に入れるべきプラグイン5つです。

これら以外にも、入れておきたいと思うプラグインが沢山ありますが、

それはまた別途お送りしていきますね。

ご不明な点ありましたら、お気軽にお声がけください^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. 【WordPress】セキュリティ対策プラグインSiteGuard WP Pluginの設定方法

    【WordPress】セキュリティ対策プラグインSiteGuard W…

  2. 【WordPress】カテゴリにアイキャッチを付けるプラグインCate…

  3. 【WordPress】メニューのアイコン設置プラグインFont Awe…

  4. 【WordPress】会話風な吹き出しプラグイン「Speech Bub…

  5. 【WordPres】スライドショー作成プラグインMeta Slider…

  6. 【WordPress】nofollowの簡単追加プラグインUltima…

ツールバーへスキップ