マイナンバー詐欺の対策やポイントは?「自分は大丈夫」はヤバイ!

こんにちは、shunsukeです。

今回は、マイナンバーの遅配による不安につけこんだ「マイナンバー詐欺」があるということで、

既に手元に届いている立場から、詐欺に合わないためのポイントや対策について考えてみました。

世の中には悪いことを考える人が多いものですねー。

スポンサードリンク

 

マイナンバー詐欺の手口とは

まずどういった手口で声をかけてくるのか、

それを知っているだけでもだいぶ可能性は低くなると思うんです。

巧妙な手口もあるかとは思いますが、以下の様なパターンが半数くらいを占めるようですから

ひとまず頭のなかに入れて、似たようなパターンへの警戒をしておきましょう。

 

・マイナンバーや金融機関の口座番号を聞き出そうとする

・家族構成などの個人情報を聞き出そうとする手口

・マイナンバーの情報流出を語る手口

 

このような手口がほとんどらしいです。

(言っても、物珍しさはないような気もします。)

 

 

「こんなの引っかかるわけ無いじゃん」

そう思った方、ご注意下さいm(__)m

自分は大丈夫、そういった考え方こそがつけいられる隙を作っています。

主に高齢者を狙ったパターンが多いとのことではありますが、

どんな方にでも、可能性はあると思って警戒はしておきましょう。

 

マイナンバー詐欺への対策とポイント

こういった詐欺は、あり得ない状況で接触してきます。

そういった「あり得ない」ということを把握して置くことが

詐欺にあわないためのポイントとなりそうです。

 

【個人情報を聞かれることは絶対にない】

 

電話・メール・ウェブサイトなど、様々な方法で近寄ってくる詐欺集団。

彼らが一番欲しい情報を直接聞いてくるのは典型パターンです。

しかもその多くが、公的機関の名を語って(もしくはそれっぽい名前で)

近づいてくるようなんですが、そういった情報って、

公的機関が聞いてくるような事はあり得ないんですね。

つまり、

「それっぽい名前で個人情報聞かれたらアウト」

 

そのくらいに考えて置いたほうが良いかもしれません。

呪文のように頭のなかで唱えておいて下さい。

 

電話などで直接聞いてくるような単純なものであれば気づきやすいですが、

注意したいのが、「聞かれていると気づかない」パターンの手口。

 

手口がかなり巧妙化していますから、ほとんどが気づかないパターンなのかも。

先ほど、「私は大丈夫」と思わないで下さいと言いましたが、

思っちゃう人たちの大半が、気付かずに引っかかっているそうなんですね。

 

例えばどういうものがあるかというと、

・会員登録するように促してくるウェブサイト

・入会した覚えのないサービスへの退会を促している

 

こういったパターンは割と認知度は高まっているかと思いますが、

それでもまだまだ引っかかってしまう人がいるのも事実。

不安になると、人は何をするか分かりませんからね。人事ではないです。

 

こういうのに遭遇した際にオススメなのが、

「完全に無視をする」

ということ。

不安にかられて、こちらから連絡するようなことは絶対にやめましょう。

それをやっちゃった時点で、「こいつはカモだな」と、

それ以降の攻撃対象になってしまう場合があります。

 

巧みな話術で不安感を煽ってきますが、

涼しい顔して笑い飛ばしておくのがベスト!

そういう「金にならなそうな人」には何もしてきませんから安心してください。

 

おわりに

詐欺に対して、個人レベルでできる対策はたかが知れてますし、

これをしておけば大丈夫!というような万全な対策はないかと思いますが、

こうやって色々な意見や話に触れ、自分の中に刷り込んでいくのが

一番の対策なのではないかなと個人的には思っています。

 

マイナンバーの配達が遅れているようですが、

不安にならず、しばしの間待つことにしましょう(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. タックスシャーク動画が怖すぎw確定申告が必要な人は3/15締切だ急げー…

  2. 大切な人は、いつまでも傍にいない…最期の贈り物を道標に。

  3. 内職って時給換算でどのくらい?その金額が衝撃的過ぎる!

  4. 美味しいスイカの見分け方は?甘い物を買う為に知るべきポイント3つ

  5. 飲食店への持ち込みが”普通”な若者達に衝撃!注意後の言葉に撃沈

  6. 【ふるさと納税】上越市の謝礼品にガッカリ!富士見市(埼玉)との差が凄い…

ツールバーへスキップ