ニュースサイト系タイトルがダメな理由は?どう修正改善するのか!

前回お伝えした、アクセスがこないミスパターン4つについて、
その中から今回は、「ニュースサイトのようなタイトル」

というミスパターンについて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

ニュースサイトのようなタイトルがダメな理由

「ニュースサイトのようなタイトル」

これは初心者の殆どがやってしまうミスです。

かくいう私も、1年ちょっと前はやっていた時期があります(汗

 

どのようなものかというと、

「◯◯が妊娠!〜」

「◯◯が△△と電撃結婚!〜」

という見出しのニュースを見て、

 

「◯◯が妊娠した!〜」

「◯◯が△△と結婚!〜」

こんな感じで、ほぼ同じようなタイトルを付けてしまうパターンです。

 

 

一見それっぽくて、見栄えが良いような気もしますが、

こういうタイトルをつけていては一生アクセスは集まりません。

 

それはなぜか?

それは、「ニュースサイトだから付けられるタイトルだから」です。

どういうことかというと、

ニュースサイトは既に読者を多く抱えていますし、

膨大な量のコンテンツ数を誇っています。

 

つまり、同じような付け方をしたところで、

まったくもって太刀打ちできず

検索結果に表示すらされないです。

 

またトレンドブログというのは、

「ユーザーが気になるであろうことを調べ公開する」

という大前提がありますから、

ユーザーが使用しないキーワードは使うべきではないんですね。

 

先ほどのものをまた例に出すと、

◯◯さんが妊娠した、という事実を知ってから書いている訳ですし、

その事実を知った上で、「◯◯ 妊娠」というふうには検索しません。

 

ではどの様に直すか?

また先程の例を使ってみます。

「◯◯が△△と電撃結婚!〜」というニュースがネタ元です。

 

この記事内に、結婚についての詳しい情報が記載されていなかったとします。

すると、ニュースを読んだ人はどの様に感じるのかというと、

 

「結婚した理由は何なんだろう?」

「2人の出会いのきっかけはなんだろう?」

「もしかしてできちゃった結婚かな?」

 

このような想像をするんです。

他にも色々とありそうですが、この疑問をイメージできたらあとは簡単!

そこからキーワードを選び、タイトルを付けるだけです。

 

「理由 妊娠 できちゃった婚 出会い 馴れ初め」

 

この辺りのキーワードを使用すれば、

良さそうなタイトルが付けられる気がします。

 

おわりに

今回は、初心者がやりがちなミスパターンということで、

「ニュースサイトのようなタイトル」について解説しました。

やってしまいがちな人は是非注意してみてくださいね。

 

タイトル付けに自信がないという方には、

タイトル作成課題というのもやっているので、

そちらでのトレーニングもおすすめです↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. 内職や副業バイトより稼げる仕事はコレ!初心者歓迎0から教えます!

  2. ブログタイトルの付け方や考え方3選!コツやポイントを押さえよう!

  3. ブログへのネガティブコメントの対処法は?悩みから開放される唯一の方法

  4. トレンドブログで書くネタが見つからない時の考え方・対処法!

  5. ATOK Padでスキマ時間活用!ネタメモ〜記事作成まで万能すぎる!

  6. ブログに誹謗中傷のネガティブコメントがつく理由と対処法は?ちょっと考え…

ツールバーへスキップ