居酒屋の集客で割引は必要ない?廃止後の集客代替案について考えてみる

こんにちは、web集客サポーターのshunsukeです。今日は、居酒屋さんでよくある「割引」について考えてみたいと思います。集客するために割引をするのが基本パターンで、それが一般化していますが、果たしてそれは効果的なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

なぜ割引をするの?

割引の風習って、随分と長いですよね。「5%割引」、「1000円割引」といった割引の仕方から、「総額の30%キャッシュバック」みたいな方法まで様々です。

こういった手法は浸透しすぎてしまい、方向性がずれてきてしまっている気がします。本来は、「お店のことを知ってもらうために、割引をして来店してもらおう」という考え方が根本にあったはずです。

それがいつしか、「これだけ大きな割引をすれば目立つし、沢山お客さんを呼び込めるだろう」と、少し腹黒いニュアンスが入り混じるようになりました。もちろん全てがそうではありませんが、都市部の繁華街なんかだと良く見聞きします。

ここまでいっちゃうと「ぼったくり居酒屋」なんて言葉が一時期流行ってしまったように、居酒屋全体のイメージに影響しかねません。

shunsuke
「ぼったくり居酒屋」は、街頭で「◯◯を割引しますよ」と甘い声をかけて来店を促し、いざお店に入ったら不明瞭な料金体系で請求をするよろしくない居酒屋さんの事。 

 

そもそも割引って…必要?しない時の代案も

割引の風習が浸透しすぎた結果、お客さん的にはある考えが根付きつつあります。それが…

「割引するくらいなら、そもそもの値段設定を低くしてよ」

ごもっともですよね。割引する余裕があるなら…と考えるのは自然です。(お店側としては、そう単純な話では無いのですが…^^;)

 

実は僕もこちらの考えに賛成で、客目線としてではなく、店側の視点から「価格を引き下げることで間口を広く取れる」というメリットがあるからなんです。また、「割引処理をする」という面倒なオペレーションもなくなりますから、スタッフへの負荷軽減にも繋がります。

価格を下げずに「原価率の設定を上げる」というのも一つの手です。それによって、従来の料金のままクオリティアップが期待出来ます。こちらの施策については、即効性は期待できませんので、少々辛抱強さが必要です。

 

単純な「割引」から脱却することで、新しい道が見えてくることもあります。踏み込む勇気は必要ですが、現状で二の足を踏んでいる様でしたら、舵を切ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

  • 居酒屋の割引って必要?
  • 集客に好感を持たないお客さんもいる
  • 料金設定の見直しや、原価率の見直しも一つの手

居酒屋・飲食店の集客は大丈夫?無料ですぐ完了の『集客診断』始めました!

2017.03.29

ホットペッパーグルメ適正プランの選び方は?Bでも集客が多いって本当!?

2017.03.28

居酒屋の集客用ノベルティグッズのおすすめは?安くて簡単な商品はこれ!

2017.03.23

居酒屋ホームページ無料で制作!HP作成ツールとの違いや効果は!?

2017.03.17

居酒屋ホームページの必要性は?公式サイトがない時お客さんはどうする!?

2017.03.06

飲食店専門のネット集客

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!