居酒屋で平日や早い時間の集客アイデア・企画を考えてみた!

こんにちは、飲食店さんの集客サポーターことshunsukeです。飲食店を運営していると、必ず訪れるアイドルタイム!お客さんがこなくて暇な時間帯ってことですね。特に顕著なのが、居酒屋さんではないでしょうか。

最近では、ランチタイムにあけているお店も多くなって来ていますが、それでも曜日や時間帯によって賑わい方に大きなムラが生じます。平日や開店直後の早い時間帯などは、どのお店でも課題となっているはずです。そこで今回は、「平日」「早い時間帯」における居酒屋の集客にフォーカスをあて、解決方法について考えてみたいと思います。何か参考になるポイントが少しでもあれば嬉しいです。

スポンサードリンク

 

居酒屋の平日や早い時間はなぜ暇なのか

heijitsu

素朴な疑問ですが、

平日や開店直後の早い時間って

なぜ暇なのでしょうか?

 

「お客がこないからに決まってるだろ!」

なんて、荒らげた声が聞こえそうですが

ちょっと落ち着いて下さい。

 

それを言ったらおしまいです(笑)

(間違ってはいないんですけどね。)

 

お客さんに原因を求めるのは

運営側として違うと思うんです。

 

なにが言いたいのかというと、

平日・早い時間にお客さんがこないのは、

ずばり。。。

 

 

「行く理由がないから」です。

 

これは、

「食事の時間帯ではない」とか、

「飲みに行く時間ではない」とか、

そういう話ではないです。

 

 

「お店を利用する理由がない」

という、直球ど真ん中な意味です。

その可能性が非常に高いのです。

耳をふさぎたくなるようですね(汗)

 

でもこの現状から目を背けていても

何も変わりません。

何か策を投じない限り、

アイドルタイムにお客さんはこないのです。

 

平日や早い時間でもお客さんはいる

heijitsu2

再び耳を塞ぎたくなるような話ですが、

いくら平日や、早い時間と言えど

お客さんがまったくのゼロかといえば

そんなことはありません。

 

流行っているお店を見てみて下さい。

開店前からの行列店だってあります。

つまり、普段暇だと思っている時間でも

集客することは十分に可能なんです。

 

ではどうやって集客すればいいのか?

それを考えていくのが今回のテーマです^^

 

平日や早い時間帯に集客する企画・アイデア

暇な時間帯に集客するということは

それなりのリスクを負う必要があります。

ただ、リスクのことばかり考えていては、

一向に前へと進むことは出来ませんから、

決断して一歩踏み出す勇気も大切です。

 

今回ご紹介するものは、

ある程度のコストは発生しますが、

いずれも、すぐ実践出来る考え方です。

 

始めから完璧な企画を求めず

実施する中で方向性を正していく事が

集客実現への重要なスタンスですから

それを念頭に、

ご自身のお店にあった方法があれば

ぜひチャレンジしてみてください。

それでは参ります。

 

1、お店のウリ商品を特価で販売

特定の商品を特価販売し、目立たせることで

その価格に惹かれた方が訪問してくれます。

その商品を「お店のウリ」に設定することで、

魅力を100%アピールすることが出来ます。

 

また商品力があれば口コミが自然発生し、

通常営業にもいい影響をもたらします。

 

例えば、新鮮な刺身がウリの

居酒屋さんだったとすると、

アイドルタイムのみを対象にした

「まぐろぶつ乗せ放題」などです。

 

これが1人前10円とかなら、

気になって立ち止まっちゃいますよね?

もしその時どこかお店を探している

タイミングだったとしたら。。。

 

高い確率で入店されることでしょう。

 

本来の「まぐろぶつ」の価格よりは

儲けが少なくなってしまいますが、

それだけ食べて帰るお客さんは

ほぼいませんし、それ以外のオーダーを

頂くことで、おおよそはカバーできます。

 

 

ただし、実施するにあたり

注意しなければならないのは、

「ありきたりな商品を選ばない」

ということです。

 

ここ何年かで「生ビール190円」など、

よく聞くサービスが出てきましたが、

これらに「目新しさ」がなく

単純な安売りにしかない可能性が高いです。

原価を食うだけの、自滅企画に

なりかねないので注意が必要です。

 

絶対にダメとは思いませんが、

最終手段・苦肉の策と思っておいたほうが

良いかなと、個人的には考えます。

 

参考アイデア

●幻の銘酒「◯◯◯」が一合300円(通常1200円)

●まぐろぶつ盛り放題10円

●鶏の唐揚げ食べ放題500円

 

2、アイドルタイムしかない特別な商品

その時間帯しか提供されない

スペシャルな商品があっても面白いです。

 

例えば、天ぷらがウリのお店なら、

アイドルタイムのみ

「一人前3kgの超特大天丼」

をやってみるとか、

ラーメン居酒屋さんであれば、

「すり鉢に入った超大盛りラーメン」

をやってみるとか。

 

今のは「デカ盛り」切り口でしたが、

それだけではないはずです。

 

素材に拘っているのであれば

その時間帯だけ、普段とは別の

食材を使用するというのも面白そうです。

 

こういった特別な商品は

メディア露出することも多いですし、

近年大流行しているSNSでの拡散も

十分に考えられます。

 

「写真に撮りたくなるような商品」

を意識すると良いかと思います。

 

色々と試行錯誤し、

お店のジャンルに合わせた

「スペシャルな商品」を

ぜひ開発してみて下さいね☆

 

参考アイデア

●天ぷら屋さんの「”天ぷら全のっけ”超特大天丼」

●ラーメン屋さんの「全トッピング×3の超デカ盛りすり鉢ラーメン」

●この時間限定「大間のマグロ大トロ」

 

3、大胆な割引をする

これは割りと浸透している考え方で、

ランチ営業のスタンスと似ています。

 

ランチ営業といえば、居酒屋さんでも

お昼だけ定食を出していたりしますよね。

 

なぜランチをするのかというと、

ランチ営業単独での売上を作る

というのももちろん目的ですが、

最大の目的は「お店を知ってもらう」

ということにあります。

つまり、「販売促進」ですね。

 

私がお付き合いしている店舗さんでも

ランチ営業している所がありましたが、

ランチ売上から諸経費を引くと

利益がほお0に等しいそんな状態でした。

 

しかし、ランチの目的は

先程お伝えした通りの内容だったので

そこだけを見て一喜一憂しません。

 

ランチのお客さんが宴会をしてくれたり、

またランチに訪れてくれたりと、

本来の営業との好循環が生まれ

結果、50席ちょっとのフロアで

3回転する日も少なくない繁盛っぷりでした。

素晴らしい販促効果です。

 

 

…すみません、

少しランチ営業の話に

寄りすぎてしまいました^^;

 

何をお伝えしたいかというと、

その考え方と同様に、

暇な時間帯にあえて大きな割引をし

沢山のお客さんに来てもらうことで

「どんなお店なのか」を

知ってもらうのが大切だということです。

 

ここ10年くらいで、

すっかり市民権を得た

「ハッピーアワー」なんかは

正にそのいい例だと言えます。

 

例えば、17時開店のお店だとします。

ピークタイムは19時、20時あたり

とすると、その前の時間帯で

お得なイベントを実施するんです。

 

「ドリンク全品半額」

「おつまみメニュー全品半額」

 

こんな感じで、

「お、ちょっと入ってみるか」

と、お客さんの背中を押すような

イベント・商品に出来るとベストですね!

 

色々と考えられる事はあると思います。

曜日によって変えたりするのも

面白いかもしれません。

先にお伝えした2つ同様に、

店舗に合ったものを形にしてみて下さい。

 

参考アイデア

オープンから19時まで、飲み放題1時間500円

平日19時まで限定、料理メニュー半額(一部のぞく)

 

 

おわりに

いかがでしたか?

タイトルは「居酒屋」となっていますが

それ以外の飲食店さんでも通用する

考え方だと思います。

 

少し立ち止まって考えてみて、

お店に合った方向性を見つけて下さい。

少しずつ先が開いていくはずです。

 

ご不明な点やご相談があれば

気軽にお声がけ下さいね!

私に分かることがあれば回答致します。

 

少し長くなってしまいました。

今回はこの辺で失礼しますね(^^)

 

お店のホームページで集客しましょう!

当サイトでは、飲食店さん向けのHP制作を

「初期費用無料」「格安月額料金」

にて承っています!小規模運営につき

受付可能な店舗数に限りがありますので、

ご希望ありましたらお早めにお声がけ下さい。

詳細は【こちら】から。

広告媒体に依存しない集客を目指しましょう♪

居酒屋・飲食店の集客は大丈夫?無料ですぐ完了の『集客診断』始めました!

2017.03.29

ホットペッパーグルメ適正プランの選び方は?Bでも集客が多いって本当!?

2017.03.28

居酒屋の集客用ノベルティグッズのおすすめは?安くて簡単な商品はこれ!

2017.03.23

居酒屋ホームページ無料で制作!HP作成ツールとの違いや効果は!?

2017.03.17

居酒屋ホームページの必要性は?公式サイトがない時お客さんはどうする!?

2017.03.06

飲食店専門のネット集客

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!