イヤイヤ期・魔の二歳児まっただ中の息子がヤバイ!どんな感じか箇条書き

どうも、shunsukeです。

うちの一人息子が2歳数ヶ月となったここ最近。

ついにやってまいりましたイヤイヤ期!!

魔の二歳児なんて言われ方もしますよね。

 

2歳になったばかりくらいの時は

「魔の二歳児ってこんなものか〜。余裕だね」

くらいに思っていたんですけど、もーとんでもない。

あの時余裕をかましていた自分に教えてやりたいです。

 

 

「息子、あと2ヶ月後やばいよ」って。

 

 

スポンサードリンク

自我が芽生えて色々と物事が分かるようになって来ている証拠なんですが、

それを目の当たりにしている親・家族は大変で仕方ないですね^^;

 

うちは両親と同居なので苦労は分散しますから、まだマシだと思うのですが、

そうでないご家庭はもっと大変なんですよね。。。自分なんかまだまだだ。

 

そんな強がりを言いつつも、やはり日常は大変!

今回は、息子の最近の様子を書き出してみて、

同世代の親御さんと共有出来たら嬉しいな〜なんて思ってます。

では、どぞ。

 

 

魔の二歳児がヤバイ!うちの息子の今

それではざっと箇条書きにしてみたいと思います。

 

  1. 親・家族のやることはなんっでもやりたがる
  2. やりたい事をやれないと泣き叫ぶ
  3. そして殴る、蹴る、仰け反る(危ない)
  4. スマホに入っている電車動画にのめり込みすぎる
  5. 何をしてても動画を見たがる、NOを告げると泣き叫ぶ

 

一部重複もありますが、概ねこれらのループです。そう一日中。

1日面倒を見ていると、相当なハードワークです。

 

1、親・家族のやることはなんっでもやりたがる

本当になんっっっっでもやりたがります。

大人が面倒でやりたくないなーと思うようなことでも、

なんっっっっでもです。(そのへんは見習いたいなーと思ったりw)

 

例えば、僕が靴下を履こうとしているのを見ると、

「履かせたい履かせたい」(しゃべりませんが)

と、僕の片足分の靴下を強奪していきますw

 

また、夜飲んでいるタイミングで氷の「ガラガラ~っ」って音がすると、

即座に振り向き「氷入れたい入れたい」と、遠くからでも駆けつけます。

 

大抵はうまく出来ないんですけど

そのがんばろうって姿がなんとも可愛らしいんですよね。

ついつい「よく出来たね〜」って褒めてあげちゃいます。(ムツゴロウ風に)

 

2、やりたい事をやれないと泣き叫ぶ

1で上げた「やりたいこと」をやれない場合が最悪です。

手がつけられない程に暴れまくります。

この状態になったらもう大変です。最終手段を使うしかありません。

これについては後述します。。。

(多分、各家庭で何かしら奥の手を持っているはずw)

 

3、そして殴る、蹴る、仰け反る(危ない)

手を付けられない状態が更に進むと、

殴る・蹴る・仰け反るという暴走モードに突入します。

大抵パパは殴られたりする対象にはならないのですが、

うちの場合はママが標的としてロックオンされちゃいます。

 

遠くにいても駆け寄っていって、

2才児とは思えない振りかぶりからの平手打ちは

そこそこの威力があります。当たりどころが悪いと悶絶します。(パパの場合)

 

一番怖いのが、抱きかかえている時に仰け反るパターンです。

一回だけ支えきれなくなって、床に落下してしまったことがあります。。。

たまたま座布団がある畳の上だったので、衝撃は和らいだ感じでしたが、

それがコンクリートの上だったりしたら。。。そう考えるとゾッとします。

それ以来、極力暴走モードに入らないように注意しています。

 

4、スマホに入っている電車動画にのめり込みすぎる

うちの息子くん、2歳数ヶ月とは言えとても上手にスマホを使いこなします。

その要因は、大好きな電車の動画が入っているからなんですが、

スワイプ操作はお手の物で、お気に入りの動画まで瞬時に到達してしまいます。

 

一番驚いたのが、他のアプリの通知が表示された時です。

ポップアップではなくて、上から少しだけ表示されるタイプのあれです。

うまく上にスワイプして、早々と動画視聴を再開させていました^^;

指使いも正確で、大人顔負けでしたね。。

 

そんな大好きなスマホ動画なんですが、

どうもそれにのめり込みすぎる感じがあるんですよ。

お昼寝や就寝時にも動画を見ちゃうと

寝てほしい時間帯をどんどん過ぎてしまったりもしました。

(疲れて、スマホを持ちながら寝てる様子は可愛いんですけどね^^;)

これは流石によろしくないと思ったので、すぐに止めさせましたが。。。

 

5、何をしてても動画を見たがる、NOを告げると泣き叫ぶ

4でお伝えしたとおり、電車動画が大好きなんですが、

これがまた、場所や時間を選ばず「見たい見たい」と言ってくるんです。

 

大抵僕らが持っているスマホを目にした時なので、

用事があっていじらなければならない時でも、

息子の視線を気にしながらコソコソ取り出していますw

 

でも実は、これを逆手にとったりしています。

(たぶん、あまりよろしくないんでしょうけど。)

先ほど「奥の手」と書きましたが、どうにもこうにも

手がつけられない暴走モードに突入した時には、

「動画見る人ー」と言うと、すんっっとたちまち元に戻り、

何食わぬ顔で視聴し始めるのです。

 

あの切り替えの早さったらないですよ。

全て理解していて、演技で泣いているのではないかと疑うほどw

そうでないことを祈りたいですが(゚д゚)w

 

おわりに

まだうまく喋れない2歳ちょっとの男の子なので、

自己表現の幅が少なく仕方がないのですが、中々家族は大変な思いをしています。

 

これをご覧になった同世代の方、いかがでしょうか?

おうちによって様子も違うとは思うので、同じ比較はできないかと思いますが、

色々な家の事情を見ながら、何か考えられるきっかけになればな~と

そんな真面目な想いもすこしばかり持ちながら、今回記事作成してみました。

 

またこれからも成長過程で小出しにしていきますので、

よかったらまた見に来て下さいね〜(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でshunsukeをフォローしよう!

関連記事

  1. マタニティブルー?産後の様子がいつもと違う時にパパがすべき3つの事

  2. ダウンタウン浜田家の子育て3箇条とは?妻が語るイクメンぶりが凄い!

  3. シャボン玉の電動おもちゃのおすすめは?良さそうなのを探してみた

  4. 子供が数を数えるのはいつから?僕が実際に行なっている方法やコツも

  5. 二児の父親になりました!出産当日のパパの心構えとやるべき事【実録】

  6. 雪遊びで子供が喜ぶおもちゃは?幼児を夢中にするグッズを探してみた!

ツールバーへスキップ